Life Style Concierge の プライベート版
こちらはプライベートな記事を中心にしています。
私の憂いの出来事も皆様には幸運のきっかけに。
コメント、TBは受付しておりません。〜楓より〜
http://lohasstyle.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< 光琳菊に夏草図 / main / 神坂雪佳 美的な屏風と草花図から >>
渡邊始興 可憐な屏風
狩野派で学んだといわれている渡邊始興の装飾的な琳派スタイルは、光琳による燕子花図屏風を題材に選んだようですね。

光琳らが描く燕子花とはちょっと異なり、白の目型模様めで描きこまれている部分があります。このお花は花菖蒲ではなく燕子花。

Watanabe Shiko

渡辺始興 「燕子花図屏風」


燕子花と花菖蒲の見分けがつきます。

始興のいくつかの作品は、光琳の構成を明確に引き出しますが、彼は決してそっくりそのまま真似る人ではありませんでした。光琳や抱一が描く燕子花とは違い、背丈が低く描かれています。

さてこちらが可憐な「燕子花図屏風」です。左隻と右隻を上下にしています。

渡邊始興「燕子花図屏風」はCleveland Museum of Art 所蔵です。始興の「春秋花木図屏風」は絶品(個人の好み)。海外では始興のポスターもあるくらい人気です。

ほかには菊、秋草屏風もありどちらも見ごたえがあります。下記リンク先からどうぞ。

渡辺始興「秋草図屏風」/渡辺始興「重陽の節句
/ 19:34 / 日本美術 / - / - /
スポンサーサイト
/ 19:34 / - / - / - /