Life Style Concierge の プライベート版
こちらはプライベートな記事を中心にしています。
私の憂いの出来事も皆様には幸運のきっかけに。
コメント、TBは受付しておりません。〜楓より〜
http://lohasstyle.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの油彩画 / main / ヤコブ・オクテルフェルト 恋文(ラヴレター) >>
エル・グレコ 「悔悛するマグダラのマリア」たち

The Repentant Magdalen (c. 1577).  Worcester Art Museum, Worcester

懺悔するマグダラのマリア 1577年頃 エル・グレコ  ウォーセスター美術館



Mary Magdalen in Penitence (1576-78). Museum of Fine Arts, Budapest

懺悔するマグダラのマリア 1576-78 エル・グレコ  ブダペスト国立西洋美術館



The Penitent Magdalene (1580-85). Nelson-Atkins Museum of Art, Kansas City.

懺悔するマグダラのマリア 1580-85 エル・グレコ  ネルソン・アトキンス美術館



Mary Magdalen in Penitence (1585-90). Museo Cau Ferrat, Sitges.

懺悔するマグダラのマリア 1585-90 エル・グレコ  カウ・フェラット美術館



Penitent Magdalen (1605-1610). Private Collection

懺悔するマグダラのマリア 1605-1610 エル・グレコ   個人所蔵


エル・グレコ作品記事リンク  XAI エル・グレコ オルガス伯爵の埋葬

エル・グレコ展に出品されているブダペスト国立西洋美術館の「懺悔するマグダラのマリア」は、モデルがいるようですね。

他の「懺悔するマグダラのマリア」とは顔が違いますよね。グレコの愛人ヘロニマ・デ・ラス・クエバスと思われます。この作品が完成したときにエル・グレコの息子ホルヘ・マヌエルが誕生しました。その母親となる愛人をマグダラのマリアとして描いていたのでしょう。

/ 21:42 / 西洋美術 / - / - /
スポンサーサイト
/ 21:42 / - / - / - /