Life Style Concierge の プライベート版
こちらはプライベートな記事を中心にしています。
私の憂いの出来事も皆様には幸運のきっかけに。
コメント、TBは受付しておりません。〜楓より〜
http://lohasstyle.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< シェイクスピアとチョーサー トロイラスとクレシダ•.¸¸♥ トロイルスとクリセイデ•*¨* / main / ウォルター・クレイン 夏の女王、あるいは百合と薔薇の騎馬試合 1891 >>
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」 1906

FLOWERS FROM SHAKESPEARES GARDEN by Walter Crane, Cassell & Company

ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


ヨーロッパではシェイクスピアの戯曲に登場する植物の庭園を「シェイクスピアの庭」と呼んでいます。特別な格別な英国庭園。1899年に、「古代英国庭園の幻想的な花々」を出版したウォルター・クレイン。こちらは「シェイクスピア」を連想させる作品も多くあります。

今日ご紹介の 「シェイクスピアの花園」は、1906年のオリジナルのもの。出版社や版、そして年代が違いますと、ずいぶんと違ってみえるものですね。

40ほどあるので、全部はご紹介できませんが、お好きなシェイクスピアの物語の花々を見つけてください。

ページ順になっていないものもあります。最初はデジカメにしたんですが、写りが気になって気になって気になって先に進めず・・・結局途中からスキャナにしちゃいました・・・。

Walter Crane, Flowers from Shakespeares Garden: A Posy from the Plays Illustrated in 40 Colour Plates by Walter Crane (London: Cassell, 1906)

リチャード三世 「四つの赤いバラ」 ハムレット 「オフィーリア」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


みなさん、ご存知の「オフィーリア」は19pに描かれて、ハムレットの花々が次のページにも続いています。シェイクスピアの戯曲から15作品をウォルター・クレインは「シェイクスピアの花園」 にまとめています。物語によっては何枚もイラストがあり、40くらいになります。そのうちの38枚をアップしました。

そしてシェイクスピアの詩にまつわる音楽も各戯曲別にご紹介いたします。


運命の花ざかり 「冬物語」 パーディタと花くらべ

大自然の祝福を人々と分け与える場面。ヒロインのパーディタは毛刈祭の女王となり、花々の名をあげる台詞は有名です。上田敏「海潮音」(訳詩集)から 〜花くらべ〜 ヰリアム・シェイクスピア(ウィリアム・シェイクスピア)、そしてウォルター・クレインが選んだシェイクスピアの「冬物語の花々」は、下記記事にてゆっくりご紹介いたします。

記事 運命の花ざかり 「冬物語」 パーディタの花くらべ

Flowers from Shakespeares Garden by Walter Crane

冬物物語 「プロセルピナの略奪」 と 「ラッパ水仙」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906




冬物語 「ホットラヴェンダー」と「ミント」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


Flowers from Shakespeares garden

冬物語 「マジョラム、サボリー」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906

 

violets dim and Or Cythereas breadth

冬物語「ヴァイオレット(菫)」と「キュテレイアの息吹」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906




冬物語「桜草」と「九輪草」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906




冬物語 「瓔珞百合」と「百合の種類」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906




冬物語「アイリス」と「この花々をあなたへ」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906




冬物語「マリーゴールド」と「カーネーション」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


Sir, the year growing ancient,
Not yet on summer's death, nor on the birth
Of trembling winter, the fairest
flowers o' the season
Are our carnations and streak'd gillyvors,
Which some call nature's bastards: of that kind
Our rustic garden's barren; and I care not
To get slips of them.
The Winter's Tale (4.4)

•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥

(略)
Here's flowers for you;
Hot lavender, mints, savoury, marjoram;
The marigold, that goes to bed wi' the sun
And with him rises weeping: these are flowers
Of middle summer, and I think they are given
To men of middle age.
The Winter's Tale (4.4)

•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥

(略)
O Proserpina,
For the flowers now, that frighted thou let'st fall
From Dis's waggon! daffodils,
That come before the swallow dares, and take
The winds of March with beauty; violets dim,
But sweeter than the lids of Juno's eyes
Or Cytherea's breath; pale primroses
That die unmarried, ere they can behold
Bight Phoebus in his strength--a malady
Most incident to maids; bold oxlips and
The crown imperial; lilies of all kinds,
The flower-de-luce being one! O, these I lack,
To make you garlands of, and my sweet friend,
To strew him o'er and o'er!
The Winter's Tale (4.4)

上田敏さんはプロセルピナの花の部分は削除して、ラッパ水仙からの部分から訳詩していますね。

記事 運命の花ざかり 「冬物語」 パーディタの花くらべ

こちらの記事から、上田敏「海潮音」(訳詩集)から 〜花くらべ〜 ヰリアム・シェイクスピア(ウィリアム・シェイクスピア)もご紹介しております。

•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥

Lawn as white as driven snow;
Cyprus black as e'er was crow;
Gloves as sweet as damask roses.
The Winter's Tale (4.4)

•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥

シェイクスピアの名作の中で、特に「冬物語」では、花々を語る台詞が多いのが特徴です。第五幕で、小悪党のオートリカスの台詞にもこんな比喩が用いられています。

奴らが来た。この思惑に反して幸運を施すことになろうとは。まるで運命の花ざかりだ。

Here come those I have done good to against my will, and already appearing in the blossoms of their fortune.
The Winter's Tale (5.2)



•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥夏の夜の夢

詳しくはこちらの記事をごらんください。
記事 ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」 夏の夜の夢

だが私はキューピッドの矢が落ちた先をしっかりと見届けた。それは西方に咲く小さな花の上に落ち、それまでは乳白色の花が矢から受けた恋の傷で今では深紅の花に変わってしまった。乙女らはそれを徒なる花と呼んでいる。)

Yet mark'd I where the bolt of Cupid fell:
It fell upon a little western flower,
Before milk-white, now purple with love's wound,
And maidens call it love-in-idleness.
A Midsummer Night's Dream (2.1)

Walter Crane Shakespeares Garden Midsummer Nights

楡とアイビー


The female ivy so Enrings the barky fingers of the elm.
A Midsummer Night's Dream (4.2)

Shakespeares Garden by Walter Crane, With sweet musk roses. 1906

「ムスク・ローズ」(麝香薔薇)


立麝香草が咲く堤を知っている。そこには九輪草とが生い茂り、菫は風にうなずいている。甘い香りの忍冬や、香りの高い麝香薔薇、野茨(エグランタイン)が重なり合った甘美な天蓋の下で、夜のひとときタイターニアは眠るのだ。

I know a bank where the wild thyme blows,
Where oxlips and the nodding violet grows,
Quite over-canopied with luscious woodbine,
With sweet musk-roses and with eglantine:
There sleeps Titania sometime of the night,
Lull'd in these flowers with dances and delight.
A Midsummer Night's Dream (2.1)

妖精の女王タイターニアが、甘美な天蓋の下で眠るとき、フェリックス・メンデルスゾーン(Jakob Ludwig Felix Mendelssohn)は、そのララバイの詩「舌先裂けたまだら蛇」にも曲をつけました。

Flowers from Shakespeares garden

「ムスク・ローズ」(麝香薔薇)と「エグランタイン」(野茨)


舌先裂けたまだら蛇 (You spotted snakes)

You spotted snakes with double tongue,Thorny hedgehogs,be not seen;
Newts and blind-worms,do no wrong,Come not near our fairy queen.

Philomel,with melody Sing in our sweet lullaby;Lulla,lulla,lullaby,lulla,lulla,lullaby:Never harm,Nor spell nor charm,Come our lovely lady nigh;So,good night,with lullaby.

Weaving spiders,come not here;Hence,you long-legg'd spinners,hence!Beetles black,approach not near;Worm nor snail, do no offence.



「ワイルドタイム(立麝香草)」と「ウッドバイン(忍冬)」


ほかにはこんな台詞も。

そのように情欲を抑え、処女のまま清らかな巡礼をする者は、大いに祝福される。だが、俗世間では人に摘み取られることなく、ただ独りの生い立ち、生きて、枯れ死んでいく薔薇に比べたら、摘み取られて香水の香りを残す薔薇こそ幸せなのだ。

Thrice-blessed they that master so their blood,
To undergo such maiden pilgrimage;
But earthlier happy is the rose distill'd.
Than that which withering on the virgin thorn
Grows, lives and dies in single blessedness
A Midsummer Night's Dream (1.1)


 
•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥テンペスト

Ceres, most bounteous lady, thy rich leas

豊穣の女神ケレスの小麦、ライ麦、大麦


もっとも寛大な女神ケレス(セレス)
汝の豊かな小麦、ライ麦、大麦で覆われている

Ceres, most bounteous lady, thy rich leas
 Of wheat, rye, barley
The Tempest(4.1)

テンペストの劇中歌は多くありますが、「五尋の深い海底に」(Full Fathom Five)は、イゴール・ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky)をはじめ、 マーガレット・フービッキ (Margaret Hubicki)、マイケル・ナイマン(Michael Nyman)らが曲をつけています。

Full fathom five thy Father lies,
Of his bones are Corrall made:
Those are pearles that were his eies,
Nothing of him that doth fade,
But doth suffer a Sea-change
Into something rich and strange
Sea-Nymphs hourly ring his knell.
ding-dong,
Harke now I heare them,
ding-dong,bell.
ding-dong,bell.

五尋の深い海底に
ストラヴィンスキー「シェイクスピアの3つの歌曲」(1953)、
マイケル・ナイマン 映画音楽「プロスペローの本」(1991)
マーガレット・フービッキ メゾ・ソプラノとピアノのための「五尋の深い海底に」(2005)

あなたの父は五尋の海の底
骨はいまでは白珊瑚、
かつての瞳も白真珠、
その身はどこも朽ちはてず、
海の魔法で、
いまは貴いな宝となりました。
海の妖精、弔いの鐘をうち鳴らす
ディン・ドン
お聞きよ、ほら聞こえてくる
ディン・ドン・ベル
ディン・ドン・ベル



•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥ シンベリン•*¨*•.¸¸♥二人の貴公子

Hark! hark! the Lark!
Hark! hark! the lark at heaven’s gate sings,
And Phoebus begins arise.

聞け聞けひばり!
ひばりが天の門で歌ってる! 東の空に太陽神ポイボスは昇りはじめた。

シューベルトの「きけ、きけ、ひばり」は、シェイクスピアの「シンベリン」第二幕第三場からです。シェイクスピアの詩集を読んでいて突然にメロディーが浮かんだという即興でできあがった作品は、題名「セレナード」 D.889、シェイクスピアの原詩によるアウグスト・ヴィルヘルム・フォン・シュレーゲルの詩(1826年)です。シェークスピアによるのは1節目だけ。

花びらにおりた露の泉で馬に水を飲ませている。
金盞花の蕾も金色の目をあけ 美しいものと共に美しい姫よ、起き上がれ。

His steeds to water at those springs
On chaliced flowers that lies;
And winking Mary-buds begin
To ope their golden eyes:
With every thing that pretty is,
My lady sweet, arise.
Cymbeline (2.3)

Flowers from Shakespeares garden

シンベリン「釣り鐘草(ブルーベル)」
;二人の貴公子


ウォルター・クレインのイラストは「青い釣り鐘草」。

美しい花と共に夏の終わりを誠実に暮らす。
もっとも美しい花たちを、悲しい墓に飾ろう。
汝の顔のような淡い色の桜草、汝の静脈のような青い釣り鐘草で。

With fairest flowers
Whilst summer lasts and I live here, Fidele,
I'll sweeten thy sad grave: thou shalt not lack
The flower that's like thy face, pale primrose, nor
The azured harebell, like thy veins.
Cymbeline (4.2)

ロミオとジュリエットと同様に仮死状態のイモジェンを兄アーヴィラガスが嘆いた台詞です。

この仮死状態のイモジェンの葬送をジェラルド・フィンジ(Gerald Finzi)は作曲しています。シェイクスピア歌曲を含む曲集「花輪を捧げよう Op.18  Let Us Garlands Bring Op.18 」(1942年)は有名です。舞台音楽「恋の骨折り損 Love's Labour's Lost 」(1946年)、小管弦楽のための組曲「空騒ぎ」も作曲しています。

もはや灼熱の太陽も怖れるな
ジェラルド・フィンジ 「花輪を捧げよう Op.18」

Fear no more the heat o' the sun,
Nor the furious winter's rages;
Thou thy worldly task hast done,
Home art gone,and ta'en thy wages;
Golden lads and girls all must,
As chimney-sweepers,come to dust.

Fear no more the frown o' the great;
Thou art past the tyrant's stroke:
Care no more to clothe and eat;
To thee the reed is as the oak:
The sceptre,learning,physic,must
All follow this,and come to dust.

Fear no more the lightning-flash,
Nor the all-dreaded thunder-stone;
Fear not slander,censure rash;
Thou hast finished joy and moan;
All lovers young,all lovers must
Consign to thee,and come to dust.

No exorciser harm thee!
Nor no witchcraft charm thee!
Ghost unlaid forbear thee!
Nothing ill come near thee!
Quiet consummation have;
And renownéd be thy grave!

•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥二人の貴公子

ご存知のように、チョーサーの「カンタベリー物語」の「騎士の話」がベースで、ジョン・フレッチャーとウィリアム・シェイクスピアの合作です。

ウォルター・クレインは”Larksheels trim”とだけ書いていますが。

物語は「結婚」を主題に、二人のいとこの貴公子パラモンとアーサイトと恋の相手エミーリアの3人を、ギリシャ神話のテーセウス、ヒポリタ(ヒッポリュテー)の第一幕第一場に歌われる祝婚歌から、祝婚と葬儀を暗示させていると思われますね。

Oxlips in their cradles growing,   
Marigolds on death-beds blowing,  
  Larks'-heels trim;

揺り籠で育つ九輪草
死の床で咲くマリーゴールド
芝には大飛燕草

この大飛燕草、神話の二人の英雄のアイアスが由縁です。

次の祝婚歌の10-13行目にあります。

ROSES, their sharp spines being gone,  
Not royal in their smells alone,  
  But in their hue;  
Maiden pinks, of odour faint,  
Daisies smell-less, yet most quaint,         
  And sweet thyme true;  
 
Primrose, firstborn child of Ver;  
Merry springtime's harbinger,  
  With her bells dim;  
Oxlips in their cradles growing,   
Marigolds on death-beds blowing,  
  Larks'-heels trim;  
 
All dear Nature's children sweet  
Lie 'fore bride and bridegroom's feet,  
  Blessing their sense!   
Not an angel of the air,  
Bird melodious or bird fair,  
  Be absent hence!  
 
The crow, the slanderous cuckoo, nor  
The boding raven, nor chough hoar,   
  Nor chattering pye,  
May on our bride-house perch or sing,  
Or with them any discord bring,  
  But from it fly!



 •*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥じゃじゃ馬ならし

Walter Crane, Parsley from The Taming of the Shrew.

パセリ


グズグズしていられませんよ、朝、うさぎの餌にと、庭にパセリを摘みにいった娘が、もうその日の午後には結婚してたなんてことがありますからね。

I cannot tarry: I knew a wench married in an afternoon
as she went to the garden for parsley to stuff a rabbit.
The Taming of the Shrew(4.4)




•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥恋の骨折り損

クリスマスに薔薇がほしいだなんて。5月の花祭りに霜が降ってほしいなんて思わないでしょう。

At Christmas I no more desire a rose
Than wish a snow in May's new-fangled mirth;
But like of each thing that in season grows.
Love's Labours Lost (1.1)

Allons! allons! Sowd cockle reapd no corn


さぁ、行こう!撫子の種を撒いても小麦は穫れぬ。因果はめぐり終いに正しい裁きが降りるもの。誓約破りの男には娼婦がお似合いだ。つまりは卑しい銅貨で尊い宝は手に入らないということなんだ。

Allons! allons! Sow'd cockle reap'd no corn;
And justice always whirls in equal measure:
Light wenches may prove plagues to men forsworn;
If so, our copper buys no better treasure
Love's Labours Lost (5.2)

まだらの雛菊、青い菫
黄色味がかった金鳳花、銀色の花種漬花が
野原を祝福で彩るとき

When daisies pied and violets blue
And lady-smocks all silver-white
And cuckoo-buds of yellow hue
Do paint the meadows with delight,
Love's Labours Lost (5.2)

イラストの詩は劇中歌の一部。冬の歌を歌う梟と、春の歌を歌う郭公。その歌の「春」(Spring)は、イゴール・ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky)が曲をつけましたね。「シェイクスピアの3つの歌曲 Three Songs from William Shakespeare」(1953作/1954初演)のひとつです。

シェイクスピアの3つの歌曲の第1曲はソネットの第8番から「快い調べのような君が(Musick to heare)」、第2曲はテンペストの「汝の父は、五尋の深い海底に(Full fathom five)」、第3曲が恋の骨折り損から「春(まだらなヒナギク)(Spring - When dasies pied)」です。

「春」
ストラヴィンスキー 「シェイクスピアの3つの歌曲」(1953作/1954初演)

When daisies pied and violets blue
And cuckoo-buds of yellow hue,
And lady-smocks all silver white,
Do paint the meadows with delight,
The cuckoo,then on ev'ry tree
Mocks married men,for thus sings he,
Cuckoo,Cuckoo,cuckoo:
O word of fear,
Unpleasing to a married ear.

When shepherds pipe on oaten straws,
And merry larks are ploughmen's clocks,
When turtles tread,and rooks,and daws,
And maidens bleach their summer smocks,
The cuckoo,then on ev'ry tree
Mocks married men,for thus sings he,
Cuckoo,Cuckoo,cuckoo:
O word of fear,
Unpleasing to a married ear



•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥ハムレット

くわしくはこちら
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  ハムレット


A violet in the youth of primy nature,
Forward, not permanent, sweet, not lasting,
The perfume and suppliance of a minute.
Hamlet (1.3)

Theres rosemary, thats for remembrance; pray,love, remember: and there is pansies. that's for thoughts.

ハムレット 「ローズマリー」と「パンジー」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


There's rosemary, that's for remembrance; pray,
love, remember: and there is pansies. that's for thoughts.
Hamlet (4.5)



ハムレット フェンネル(茴香)とコロンバイン(苧環)
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906

 



ハムレット「ルー(ヘンルーダー,芸香)」と「デイジー(雛菊)」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


There's fennel for you, and columbines: there's rue
for you; and here's some for me: we may call it
herb-grace o' Sundays: O you must wear your rue with
a difference. There's a daisy: I would give you
some violets, but they withered all when my father
died: they say he made a good end,--
Hamlet (4.5)

邦訳とチャイコフスキーの「ハムレット」をご用意した”ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  ハムレット”からご覧ください。



•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥リチャード三世


Walter Crane, Four red roses from Richard III

「四つの赤いバラ」


2人の唇は一本の茎に咲く四つの赤いバラの花。初夏の光の中で美しく咲き誇り接吻をしていた。

Their lips were four red roses on a stalk,
Which in their summer beauty kiss'd each other.
 RICHARD III(4.3)

「第1・四部作」といわれるのが、このリチャード三世とヘンリー六世三部作。

薔薇戦争の最後を飾る赤薔薇のイングランド王リチャード三世(1452ー1485)は、シェイクスピア(1564-1616)の時代では、彼を破ったヘンリー七世のテューダー朝時代はエリザベス一世(1533-1603)まで受け継がれた黄金時代。

シェイクスピアはエリザベス一世の治世時代でしたので、リチャード三世はシェイクスピアの史劇の中では、怪奇な醜い容貌と狡猾で残忍な詭弁家として書かれています。

テューダー家の紋章は、ランカスター家の赤薔薇とヨーク家の白薔薇を合わせた形になっています。赤薔薇の中に白薔薇が抱かれているような紋章です。

ヘンリー七世は白薔薇の王女エリザベス・オブ・ヨークと結婚をしたのでした。




•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥ヘンリー四世•*¨*•お気に召すまま



ヘンリー四世「ブラックベリー」 お気に召すまま「柊」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


'Tis dangerous to take a cold, to sleep, to
drink; but I tell you, my lord fool, out of this
nettle, danger, we pluck this flower, safety.
1 Henry IV (2.3)

そのわけはブラックベリーの数ほどある。だが無理強いじゃ、理由なぞひとつだって言うものか。

If reasons were as plentiful as blackberries, I would give no man a reason upon compulsion, I.
1 Henry IV (2.4)

このヘンリー四世の「ブラックベリー」が登場する台詞、サー・ジョン・フォルスタッフですね。女王エリザベス一世がファンで、サー・ジョン・フォルスタッフの恋物語を頼んで「ウィンザーの陽気な女房たち」の騎士フォルスタッフが出来上がったとういうお話もあるようです。サー・ジョン・フォルスタッフはシェイクスピアの劇中人物を超えて、他の作家の別の戯曲に登場するなど人気者です。

「星の数ほど」というのはよく聞きますが、「ブラックベリーの数ほど」とは。

さて、シェイクスピアの「ヘンリー四世第二部」の第二幕第四場に、女王エリザベス一世がファンで、サー・ジョン・フォルスタッフとその仲間のピストルが登場します。このピストルの名台詞。実はエリザベス一世の生母、アン・ブーリンが処刑の日に詩を残したといわれる「おお死よ、われを眠りに」であり、作曲されています。

「おお死よ、われを眠りに」でアン・ブーリンの詩に言及しているシェイクスピア。

記事 アン・ブーリン ”おお死よ、われを眠りに” シェイクスピア ”おお死よ、われを眠りに”

こちらではケイティ・ローズ(Katy Rose)が歌う「おお死よ、われを眠りに」にリンクしています。

•*¨*•
お気に召すまま

ヘイ・ホー、歌えよ  ヘイ・ホー、柊に歌え

”Heigh-ho, sing heigh-ho, unto the green holly”
As You Like It (2.7)

トマス・ロッジ作「ロザリンド」が原作。これは劇中歌。廷臣アミアンズが歌います。

このアミアンズの歌は、ロジャー・クィルター(Roger Quilter)が、3つのシェイクスピア歌曲 Three Shakespeare Songs(1905年)Op.6のなかの第3曲「吹けよ、吹け、冬の風 Blow, Blow, Thy Winter Wind」にあたります。

Blow, blow thou winter wind 1892 (Auckland Art Gallery Toi o Tamaki), John Everett Millais

ジョン・エヴァレット・ミレイ 「吹けよ吹け冬の風」 
シェイクスピア お気に召すまま より 1892 


ジョン・エヴァレット・ミレイも「吹けよ吹け 冬の風」を作品にしています。

「吹けよ吹け 冬の風」(お気に召すまま)
ロジャー・クィルター「3つのシェイクスピア歌曲 Op.6」(1905)

Blow,blow thou winter wind,
Thou art not so unkind
As man's ingratitude;
Thy tooth is not so keen
Because thou art not seen,
Although thy breath be rude.
Heigh ho! sing heigh ho! unto the green holly:
Most friendship is feigning,most loving mere folly:
Then,heigh ho! the holly!
This life is most jolly.

Freeze,freeze thou bitter sky,
Thou dost not bite so nigh
As benefits forgot:
Though thou the waters warp,
Thy sting is not so sharp
As friend remember'd not.
Heigh ho! sing heigh ho! unto the green holly:
Most friendship is feigning,most loving mere folly:
Then,heigh ho! the holly!
This life is most jolly.

ジェラルド・フィンジ(Gerald Finzi)、トーマス・モーリー(Thomas Morley)は、劇中歌「若者と恋人」(It was a lover and his lass)を作曲しています。

「それは恋人たち(若者と恋人)」(お気に召すまま)
ジェラルド・フィンジ「3つのシェイクスピア歌曲 Op.6」(1905)
グローブ座の音楽家 トーマス・モーリー エア(リュート歌曲)第一集(1600)

It was a lover and his lass,
With a hey, and a ho, and a hey nonino
That o'er the green cornfields did pass.
In spring time, the only pretty ring time,
When birds do sing, hey ding a ding a ding;
Sweet lovers love the spring.

Between the acres of the rye,
With a hey, and a ho, and a hey nonino,
These pretty country folks would lie,
In spring time, the only pretty ring time,
When birds do sing, hey ding a ding a ding;
Sweet lovers love the spring.

This carol they began that hour,
With a hey, and a ho, and a hey nonino,
How that a life was but a flower
In spring time, the only pretty ring time,
When birds do sing, hey ding a ding a ding;
Sweet lovers love the spring.

Then, pretty lovers, take the time
With a h ey, and a ho, and a hey nonino,
For love is crowned with the prime
In spring time, the only pretty ring time,
When birds do sing, hey ding a ding a ding;
Sweet lovers love the spring.



•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥空騒ぎ

Much Ado About Nothing

空騒ぎ「大薊」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


”大薊、それを胸にとめなければならないわ ―
”なぜ ベネディック(ベネディクトゥス)、ベネディックのいくつかの教訓をあなたに。
”教訓!いいえ、誓っていいわ。私には教訓の意味は必要ないの。さっきの意味よ。明らかに神聖なる薊なの。
"Get you some of this distilled Carduus Benedictus,  and lay it to your heart ―
" Why benedictus? You have some moral in this. benedictus
"Moral! No, by my troth, I have no moral meaning. I meant. plain holy thistle
Much Ado About Nothing(3.4)

and lay it to your heart ― それを心にとめなければならない
このフレーズ、旧約聖書・申命記第4章にあります「それ故、あなたは、きょう知って、心にとめなければならない。上は天、下は地において、主こそ神にいまし、ほかに神のないことを。」

ここでは「胸にとめなければ(置かなければ)ならないの」となります。

恋煩いで胸がむかつくベアトリス。ヒーローとその侍女マーガレットがベアトリスをからかっている場面。マーガレットは「大薊」はむかつきの妙薬で、胸にあてると良いと言っているのです。ここでの胸のむかつきは「つわり」の揶揄です。

そしてヒーローは、”ベアトリスを薊の棘で刺すつもりね。”(There thou prick’st her with a thistle)とマーガレットの薊に返します。

そして、「なぜベネディック、ベネディックのいくつかの教訓をあなたに。」と言うと、マーガレットが「教訓!いいえ、誓っていいわ。私には教訓の意味は必要ないの。さっきの意味よ。明らかに神聖なる薊なの。」

カルドゥス・ベネディクトゥスは大薊のことで、神聖なる薊の意を含んでいますが、空騒ぎのベネディックはベネディクトゥスとも読みます。そしてホーリーシスルは神聖なる薊で、言葉遊びの3人の台詞が面白いんですね。

エリック・コーツ(Erick Coates) の作曲した「溜息なさるな。淑女の方々」(Sigh no more, ladies, sigh no more)は、第2幕第3場。

「溜息なさるな。淑女の方々」(空騒ぎ)
エリック・コーツ 4つの古いイギリスの詩(4 Old English Songs 1909)

Sigh no more, ladies, sigh no more,
Men were deceivers ever;
One foot in sea and one on shore;
To one thing constant never.
Then sigh not so,
But let them go,
And be you blithe and bonny;
Converting all your sounds of woe
Into Hey nonny, nonny.

Sing no more ditties, sing no more,
Of dumps so dull and heavy;
The fraud of men was ever so
Since summer first was leavy.
Then sigh not so,
But let them go,
And be you blithe and bonny;
Converting all your sounds of woe
Into Hey nonny, nonny.

ヘイ、ノニー、ノニーというフレーズはオフィーリアが狂気で歌った~♪ ヘイ、ノン・ノニー♪〜と同じ囃子ことばですね。



•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥ヘンリー五世 and ヘンリー六世

王だとて、私と同じ人間にすぎない。菫の匂いも等しく香り、大空も同じように見えるだろう。

I think the king is but a man, as I am:
the violet smells to him as it doth to me:
the element shows to him as it doth to me.
Henry V (4.1)

イチゴはイラクサの下で育つもの。
良い実こそ下等な実の隣で育てば、
その実は繁栄し、成熟した果実になるものです。

The strawberry grows underneath the nettle
And wholesome berries thrive and ripen best
Neighbour'd by fruit of baser quality
Henry V (1.1)



ヘンリー五世 「イチゴとイラクサ」 ヘンリー六世 「サンザシ」
ウォルター・クレイン 「シェイクスピアの花園」  1906


サンザシの甘い木陰で 拙い羊たちを見守る羊飼い
豪奢な刺繍の天蓋で 謀反を恐れる王よりも心地よいものなのでは?

Gives not the hawthorn-bush a sweeter shade
To shepherds looking on their silly sheep,
Than doth a rich embroider'd canopy
To kings that fear their subjects' treachery?
3 Henry VI (2.5)

ヘンリー五世(1387-1422)はヘンリー四世の息子です。ランカスター朝の黄金期を築いたヘンリー五世。その息子がヘンリー六世(1421-1471)。ランカスター家の崩壊がはじまり薔薇戦争がはじまります。この次のイングランド王がヨーク家のエドワード4世(1442-1484)。その息子エドワード5世は12歳で継承しましたが、の絵画作品からもご存知のように弟のヨーク公リチャードとともにロンドン塔に幽閉され暗殺されたとなっていますが、消息は不明です。

このあとリチャード三世、ヘンリー七世と王位を継承していくのですが、現在ではエドワード5世と弟リチャードの運命にかかわったのはヘンリー七世とされています。



•*¨*•.¸¸♥ •*¨*•.¸¸♥トロイラスとクレシダ

くわしくはこちらの記事をごらんください。
記事 シェイクスピアとチョーサー トロイラスとクレシダ•.¸¸♥ トロイルスとクリセイデ•*¨*


Walter Crane, Laurel from Troilus and Cressida.

トロイラスとクレシダ 月桂樹


ユリシーズ(オデュッセウス)の台詞はものすごく長く、63行もある33行目に月桂樹がでてきます。

長老の特権、王冠、王笏、月桂樹だの、それらの物の特権にもせよ、位階がなければどうして正式の地位を保つことができようか。

Prerogative of age, crowns, sceptres, laurels,
But by degree, stand in authentic place?
Troilus and Cressida(1・3)

ここでも「冬物語」の台詞「花ざかり」同様に、邦訳では「花」言葉が台詞で登場しますが。

女は、執心されているうちが花。
Women are angels, wooing:

では、こういうのはいかがでしょう。

女が御使いであるうちは、深く思いをかけられる。
誘いに堕ちれば、思いは一瞬で醒めるもの。
愛はそういうものだと知らないうちは世間知らず。
男は、たやすく手に入れたときこそ勝利。
あの欲望を果たすときの甘い愛の囁き。
愛を支配するなら、口説かれながら思いのままにあやつること。

花で譬えたなら
「女は、言い寄られているうちが花。手に落ちればそれでお終い。甘い言葉は蜜の味。喜びは口説かれながらあやつること。」

こんな感じでしょうか。

Women are angels, wooing:
Things won are done; joy's soul lies in the doing.
That she beloved knows nought that knows not this:
Men prize the thing ungain'd more than it is:
That she was never yet that ever knew
Love got so sweet as when desire did sue.
Therefore this maxim out of love I teach:
Achievement is command; ungain'd, beseech
Troilus and Cressida(1・2)

トロイア戦争は二人の女性が交換されています。シェイクスピアではヘレネーはヘレンのこと。

ヘレネーもクレシダも夫や恋人がいる身で、奪われた国で別な恋人と暮らします。「トロイラスとクレシダ」では、二人の女性は娼婦同然として扱われているようです。

トロイラスとクレシダ」は、ジェフリー・チョーサーの「トロイルスとクリセイデ(Troilus and Criseyde)」も有名です。ラファエル前派のエドワード・バーン=ジョーンズは、ジェフリー・チョーサーの「トロイルスとクリセイデ」の挿絵を描いてます。




Flowers from Shakespeares garden


シェイクスピアの劇中歌の音楽は下記から聴くことができます。

Shakespeare and Love - Music Of The Plays
カメラータ・オブ・ロンドン

It Was a Lover and His Lass (As You Like It)
Heart's Ease (Romeo and Juliet)
Come Live With Me (Merry Wives of)
O Mistress Mine (Twelfth Night)
Fortune My Foe (Merry Wives Of Windsor)
The Willow Song (Othello)
Galliard: Battle Galliard (Twelfth Night)
Farewell Dear Love (Twelfth Night)
Take O Take Those Lips Away (Measure Foe Measure)
Where Griping Grief (Romeo and Juliet)
Battaglia (Henry V)
How Should I Your True Love Know (Hamlet)
Tomorrow Is St. Valentine's Day (Hamlet)
Walsingham (Hamlet)
Lawne As White As Driven Snow (The Winter's Tale)
O Death Rock Me Asleep (Henry IV)
Last Will And Testament (Cymbeline)
Hark, Hark The Lark (Cymbeline)
Full Fathom Five (The Tempest)
Where The Bee Sucks (The Tempest)



ほかにはこんなところにも花が溢れています。

To guard a title that was rich before,
To gild refined gold, to paint the lily,
To throw a perfume on the violet,
To smooth the ice, or add another hue
Unto the rainbow, or with taper-light
To seek the beauteous eye of heaven to garnish,
Is wasteful and ridiculous excess.
King John (4.2)

Like the lily,
That once was mistress of the field and flourish'd,
I'll hang my head and perish.
1 Henry VIII (3.1)

He was met even now
As mad as the vex'd sea; singing aloud;
Crown'd with rank fumiter and furrow-weeds,
With bur-docks, hemlock, nettles, cuckoo-flowers,
Darnel, and all the idle weeds that grow
In our sustaining corn.
King Lear (4.4.)

What's in a name? that which we call a rose
By any other name would smell as sweet.
Romeo and Juliet (2.2)

What, no more ceremony? See, my women!
Against the blown rose may they stop their nose
That kneel'd unto the buds.
Antony and Cleopatra (3.13)

Not poppy, nor mandragora,
Nor all the drowsy syrups of the world,
Shall ever medicine thee to that sweet sleep
Which thou owedst yesterday.
Othello (3.3)

The tempter or the tempted, who sins most?
Ha!
Not she: nor doth she tempt: but it is I
That, lying by the violet in the sun,
Do as the carrion does, not as the flower,
Corrupt with virtuous season.
Measure for Measure (2.2)

/ 20:27 / 洋書 / - / - /
スポンサーサイト
/ 20:27 / - / - / - /