Life Style Concierge の プライベート版
こちらはプライベートな記事を中心にしています。
私の憂いの出来事も皆様には幸運のきっかけに。
コメント、TBは受付しておりません。〜楓より〜
http://lohasstyle.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ / - / - / - /
<< 李賀 七夕 / main / 白居易 苏小小の家の柳 >>
李賀

Li He

 
わたくしがもっとも関心のあるのが、この「李賀」です。彼の才能よりも人物像に興味があります。パガニーニのように指に特徴がある李賀。パガニーニは指の関節が長く、李賀は爪がとても長かったと伝えられています。

この「李賀像」にもみられるように、李賀は左右の眉毛は一文字につながっていたといいます。これは心にゆとりがないことを示します。他人への許容範囲はこの眉と眉のひろさなんですね。

wiki によると 19歳の頃に父の諱の一字である「晋(シン)」と進士の「進(シン)」が同音であることから、諱を避けて進士になるべきではないと科挙の受験を拒まれたそうですが、14歳で名声を得て、17歳にして韓愈の庇護を受けていた李賀。

元稹との確執は、李賀に会いにきた元稹へ、家僕に命じて「明経(元稹が明経第一の及第者であったため)何事あって李賀をみるか」と問わせ、憤慨させたところからはじまります。

李賀は個性も激しく、また自尊心も高く、自分で自分を破滅させていく人。絶望の淵から強く恨みながら、才能を詩に投じていったのですね。

27歳で亡くなった李賀ですが、失意のまま最初に帰郷した頃、母親は日々の李賀を見ているうちに、「この子は死んでしまうだろう」と恐れていたそうです。

激しい気性と消極的な人とのかかわり。

この世のすべてが悪意に満ちているという境地に陥るのです。でも、こうした心境になるのは李賀だけではありません。

あまりにも思いがけない負の出来事が重なれば、私たちもきっとそういう気持ちになることでしょう。それを跳ね除け、そして這い上がることが李賀にはできなかったのでしょう。

その這い上がって勝利をつかむことより、いっそうに奇怪な物の怪、妖怪、超常現象への描写に力を注いだのだと思います。

生きているうちに「理不尽」だと思い続けていた李賀。

李賀の才能を尊びつつ、李賀の比類のない自負心に驚かざるを得ませんでした。

李賀 天上揺
李賀 七夕
李賀 河南府試十二月樂詞·七月
/ 16:52 / 李賀 / comments(0) / trackbacks(0) /
スポンサーサイト
/ 16:52 / - / - / - /
COMMENT









Trackback URL
http://lohasstyle-fu.jugem.jp/trackback/7
TRACKBACK